フロントページ

Chromebook版caDIY3D ベータテスター募集

GIGAスクール構想による1人1台端末の学習環境が広まり、端末を活用した学習が始まっています。
私たちは多くの学校で3DCADを利用していただくために、Chromebook向けアプリ『caDIY3D for Education』の開発を進めております。

このたび機能や使用感などのご意見をいただくためにベータ版を公開します。

無料セミナー開催!(12月)

「授業で使える!教育機関向け3D CADのご紹介」と題して無料セミナーを実施します。

開催日時
2022年12月7日(水)16:00~17:00
2022年12月15日(木)16:00~17:00
2022年12月23日(金)16:00~17:00
参加費:  無料

caDIY3Dとは

caDIY3D-X(キャディースリーディークロス)は、誰でもカンタンに設計図が描けるDIY・リノベ専用のWindowsアプリです。

3Dの木材や資材を、まるで積み木のようにマウスで直感的に組み上げて、オリジナルの家具デザインやレイアウト・シミュレーションを楽しめます。実際のDIY制作にはかかせない、木材の切り分け方や細かなサイズ・寸法チェック、予算の計算なども徹底ガイド。「手描きの設計図なんて無理!」とあきらめていたあなたのDIYライフを変える、まさにDIY・リノベ好きのためのお役立ちツールです。

創造力を伸ばす4つのポイントを紹介!

point1

3Dで理解度アップ

教科書で平面図を見るのと立体図形を自由な角度から動かして眺めるのでは、理解度が断然違います! 正面図や平面図などの投影図もボタン1つで簡単に表示できます。

point2

積木感覚の操作性

従来の手書き製図では描くだけで精一杯。結局、例題通りの物しか作れないことも…。直観的に操作できるので、”設計すること”に集中できます。

point3

三面図も等角図もOK

3D空間で設計した作品を第三角法による正投影図で出力することが出来ます。同時に等角図も出力できるので、構想図や製作図の表現について深く学ぶことが出来ます。

point4

材料取り図に対応

大切な材料で失敗したくない!材料を無駄なく使う設計も大切。決められた材料内で作成できるか確認したり、忘れがちな切りしろもしっかりと反映した”木取り図機能”を搭載。

\構想・設計の授業をバージョンアップ!/

新しい授業のカタチ『caDIY3D × Kism』

らくらく設計ソフト『caDIY3D』と合板DLモジュールキット『Kism』の2つを使用して授業をさらに面白くしましょう!

島根大学教育学部附属義務教育学校
森下先生 インタビュー

2021年度からの中学校・新学習指導要領全面実施に先駆け、合板DL・モジュール木工キット「Kism(キズム)」や設計ソフト「caDIY3D-X(キャディースリーディークロス)」を駆使した先進的な授業づくりに取り組む森下先生に、caDIY3Dスタッフがお話を伺いました。

教育関係者による作成!
caDIY3D図面ダウンロード

授業で作成された図面や教科書に掲載されている作例のcaDIY3D図面をダウンロードできます。授業の課題にしたり見本として見せてもOK!余多あるアイデアの数々をぜひご覧ください。

さらにICT教育の幅が広がる機能の数々!!

MR(Mixed Reality)

Windows MR(ミックスドリアリティ)機能で仮想空間の中に実物大のモデルを表示出来ます(Windows版のみ)。圧倒的な没入感で、構造物への理解が深まります。

3Dプリンタ出力

モデルデータを一般的な3Dプリンタの入力ファイル形式(STL)で出力することができます。ミニチュアモデルを出力して、構造やデザインの確認が出来ます。製造業でのプロトタイプ手法を学ぶのに最適!

教育機関向けご利用プラン一覧

※1 2022年5月時点ではWindowsタブレットのみ対応。2022年度中にChromebookに対応予定。